知ればマスターしたくなる?サックスが持つ特徴

真鍮でできているけれど実は木管楽器の一種

サックスは非常に珍しい楽器だと言えるでしょう。なぜなら、真鍮という金属でできているのに、木管楽器として分類されているからです。こうした例は他にはあまり見られません。サックスが近年開発されて、しかも木管楽器と金管楽器の橋渡しをすることを目的に作られたせいかもしれませんね。新しい楽器なので、曲のジャンルによっては使えないことも多いです。クラシック音楽などには馴染みませんが、ロックやポップス、ジャズなどでは大活躍をする楽器だと言えます。

見た目が非常に美しいのも特徴的

楽器の中には、見た目が非常に美しく、まるで宝石のようなものもいくつかありますよね。サックスもその中の一つだと言っていいでしょう。全体がキラキラと輝いているので、部屋のインテリアとして使う人もいるぐらいです。大きさもそこそこあるので、存在感は大変大きいです。見ているだけでも楽しくなる楽器だという点でも特徴的でしょう。まず見た目を気に入って始めてみようという人も多くなっている楽器です。ただ、まともに演奏をするまでには長い時間がかかる難しい楽器でもあります。

ソロを担当するケースが多い楽器

サックスは、ソロ演奏をする機会も多い楽器だと言えますね。たとえばドラムなどは、ほとんどソロを披露する機会がありません。そういった意味において、サックスは花形の楽器であるという言い方をされることも多いです。曲の中盤でサックスのソロが入ることは多いですから、この楽器をマスターしておけば目立てることは間違いがないでしょう。音楽シーンの主役になることもできる楽器ですから、モチベーションも高く練習に励めますね。

サックスとはサクソフォンの略称で、金属製の木管楽器です。ジャズ特有の音色から明るくポップな音色まで、多様な表現力が特徴です。