意外と知らない!?車検を通す方法2つの違い!

最寄の指定工場に持ち込んで車検

車検と聞いて最もポピュラーなのが、最寄の指定工場に車を持ち込んで車検を依頼する方法です。指定工場と言うとイメージしにくいですが、分かりやすく言うと自動車ディーラー等がこれに該当します。自動車ディーラーは国から指定を受けた整備工場を有していますので、指定工場と呼ばれることもあります。一般的に車検は最寄の陸運局で受験しますが、指定工場になれば陸運局に行かなくても指定工場内で車検を実施する事ができるのです。
ディーラー車検は、車検費用が高いイメージがあるかも知れませんが、車検を受験するに当たっての整備に十分な時間を割くため、整備費用と交換部品費用が車検費用の多くを占めます。車検費用は高くなりがちですが、しっかりとプロに整備してもらえる安心感があります。

自分で車検を受けるユーザー車検

車検と言えば、最寄の自動車ディーラーや中古車販売店に持ち込んで受験する事がポピュラーですが、実は個人で車検を受験する事も可能なのです。これはユーザー車検制度と呼ばれ、車検をしている陸運局に自動車を持ち込めば、誰でも利用出来る制度なのです。
そもそも車検とは自動車検査の略称ですので、その検査に合格できる基準であれば車検には合格できます。最近の自動車はかなりメンテナンスフリー化が進んでいますので、自分で自動車の整備ができなくても車検は受験できます。
ただ、もちろんですが検査基準に達していない車両は車検に合格できませんので、その部分については整備や修理を行い検査基準に順ずる必要があります。
ユーザー車検は全て自分で行うので、費用は最も安くできます。

広島の車検は予約来店型なので累計で100万人の人が利用しています。事前に見積りも出してくれるのでスムーズです。